戯れ言 * 戯れ言

 パソコンとはありがたいもので、「ざれごと」を漢字で書くと「戯れ言」になるという事を、初めて知りました。趣味のページ以外の、たわいもないことを書いていきます。読みたい人だけ読んでください。
 最近ブログが流行っていますが、ブログはもうひとつ好きになれません。と言いながら、どう考えてもこのページは、ブログもどきですな。上のほうが、新しい書き込みです。

(コメントとかトラックバックはありません。悪しからず。)

2006年以前 2007年 2008年
2009年 2010年 2011年
2012年 2013年 2014年
2015年 2016年 2017〜18年 
2019年 2020年 2021年
2022年    

「吉野山」

 91歳の父親と、92歳の父親の従兄弟を連れて、奈良県の吉野山へ行ってきました。今年は桜の予想が、早くなったり遅くなったり、結局直前に暖かい日が続いたため、満開は過ぎていました。吉野へは何度か訪れていますが、シーズン真っ最中に来たのは初めてです。平日に関わらず、大勢の人出です。マイカーで中千本から奥千本に回り、下千本に下りてきました。桜の中を車で通るより、遠くから眺めたほうがきれいなのかなあ・・・。運転手のため、あちこちで写真を撮ることもできず、やや期待外れでした。それでも帰ってから写真を見ると、新聞などに出ていたような写真もあり、結論は、吉野の桜は写真で見るに限る?

金峯山寺 金峯山寺より中千本を望む

(2024.4.10)


「大山ブルワリー研修」

 鳥取県は大山山麓にある、「くめざくら大山ブルワリー」の地ビール工場を見学しました。6種類の地ビールと、ビールに合う料理をいただきました。ここは大山の伏流水が豊富に湧き出る「地蔵滝」があり、その水を使って地ビールを作られています。ブルワリー見学のあとは、境港の「大漁市場なかうら」まで足を延ばしてお買い物。ただ、ビールの試飲で睡魔に襲われ、バスの車窓から見えるはずの景色を見ることもなく・・・。でも天候は雨で、大山も雲に隠れていましたから、海もあまり見えなかったことでしょう。
 見学したのは6月でしたが、いろいろとありまして、10月の更新作業となってしまいました。

台風で崩壊した「地蔵滝」の湧水 「地蔵滝の泉」(クリックで拡大)
地ビールのタンク 最新のタンク
6酒類の地ビールを飲み比べ 特急「やくも」とコラボしたビールのラベル
境港の「大漁市場なかうら」 大山は雲の中

(2023.6.22)


「西播磨探訪」

 正月休み、宿泊旅行が厳しくなってきたため、西播磨を巡ってきました。ルートは、神河町〜宍粟市〜佐用町。道の駅銀の馬車道神河でトイレ休憩。砥峰高原はいきなり冬季通行止めで引き返し(想定内)。坂の辻峠を越えて伊和神社(道の駅播磨いちのみや)で昼食と初詣。山崎から中国道・鳥取道経由で岡山にもはみ出て宮本武蔵生誕地めぐり。佐用町に戻って道の駅宿場町ひらふく(休業)から平福宿を散策。上月町や三日月町のほうに行ったことがないという父親の希望で南に向かい、正月休みで寂しい播磨科学公園都市に寄るも、Spring8は見学できず。あとは播磨新宮ICから開通したての播磨道を通って中国道経由で帰ってきました。

伊和神社(播磨一の宮)
宮本武蔵生誕地の碑
平福宿の古い町並み

(2023.1.4)


トップページへもどる